item2
smileone
item1
item3

「パーソナルコード・セミナー」

 

「人生は思うようにならないものだなあ」「自分の人生は間違っているのではないだろうか」「夢なんて叶うはずがない」「あの人は人生を楽しんでいるのに、どうして自分は・・・」。

 

こう感じられている方も少なくないことでしょう。

いや、それこそが当然なのです。

 

なぜなら人は自分の意思ではなく、自分の無意識・潜在意識によって動かされているからです。

 

たとえば、ゴルフ場で右に池がある。

 

『右に池があるな。池に入れるのは絶対に嫌だ。スコアが悪くなるだけでなく、何よりもあれが一番恥ずかしい。よし、絶対右には打たないぞ』

 

多くの人はこう考えます。

そしてボールを打つと、どういうわけか右に飛んでいって、見事に池に入ってしまう。

あれほど、池に入れたくないと思ったにもかかわらず。

 

ゴルフでこんな経験をした人は、たくさんいます。多分ほぼ全員がしているはずです。

 

自分の意識では『池に入れたくない』『右に打ちたくない』と思っているにもかかわらず、結果は全く逆になる。

似たようなことは人生でいくらでもあります。

 

『この仕事は重要だからミスできない』『この面接は落ちたくない』『ああ、神様。失敗しませんように』

 

心からそう思っているのに、上手くいかない。

なぜでしょうか。

 

それは無意識、潜在意識はそう思っていないから。

 

無意識、潜在意識は失敗しろと自分に命令しているから。

 

「なくて七癖」といいますが、人は無意識にさまざまな行動をしてしまうものであることは皆さんよくご存じでしょう。

これと同じことが思考にもあるのです。

知らず知らずのうちにいつものパターン通りの思考をしてしまうのが人なのです。

そしてそれこそがこのセミナーでお伝えする「パーソナルコード」です。

 

性格診断テストを多くの方が受けていらっしゃると思いますが、あれは意識(顕在意識)の性格診断です。

 

私は性格診断テストを受けるとき、「この会社が求めている人物像はこういうものだろうから、こう答えよう」と考えて記入していました。あれは何とでも書けます。そのときの気分によっても答えが変わることもあるでしょう。

そういうものです。

 

それに対してパーソナルコードは自分の無意識、潜在意識、深層心理を知ることができるのです。

 

パーソナルコードを知ると、なぜ自分の人生は思う通りにならないのかの理由が分かります。

何だか社会や会社に不適応感がある、その原因が理解できます。

なぜ、今こうなっているのかの「なぜ」が分かります。

 

「パーソナルコード・セミナー」を学んでくださった方の感想にこういうものがあります。

 

「自分というものがよく分かった」

「ブラックボックスだと思っていた自分の心が理解できた」

「確かにそういうところがあります」

「性格テストの結果には違和感を感じることが多く、いつも無視していた。でもこれは納得できた」

「自分というものを面白い言葉で表現してくれる。でも、この表現なら自分というものをきちんと把握できる」

「主人や息子のことが理解できなくて困っていたけれど、よく理解できました」

「私の家庭をご存じなのではないかと思うくらい、ピッタリ!」

「痛たたた・・・。私はそのとおりです」

「自分を認め、相手を受け入れられるようになりました」

「早速会社の引き出しに入れて、社員の特性を把握しています。この視点で見ると、社員をよく理解できるようになりました」

「我が社の現状はこういうことかと腑に落ちた」

 

 この「パーソナルコード」は全米の上位企業で広く使われている考え方なので、人事や経営にも応用できるのです。それが面白いところでもあります。

 

パーソナルコードを学んでいただくと、無意識・潜在意識の視点から見ると、人生は自分の思い通りになっているということを理解していただけます。無意識、潜在意識、深層心理などいわば「思考の七癖」の通りに動いている。だから、人生は自分の思い通りにならないと感じるのです。

 

しかし、パーソナルコードを知ることで、自分の「思考の七癖」を知ることができます。つまりパーソナルコードを学ぶと、なぜこうなっているのかが分かるし、どうすればいいのかも分かるようになるのです。

 

原因が分かり、対策が立てられれば、今度は自分の意識通りに人生は進むことになります。

 

自分の心に書き込まれたコードを理解し、そのコードを自分で書き換えていくのが「パーソナルコード・セミナー」の役割です。

ご自分の「パーソナルコード」を知って、人生を自分らしく生きていただきたいと願っております。

 

 

え、なぜボールが池に入るのか、ですか?

 

では、一つだけご説明しましょう。

 

『右に打ちたくない』『池に入れたくない!』と思ったとき、頭の中には右に飛んでいったボールが池に入ったシーンが浮かびます。

『右に打ちたくない』『池に入れたくない!』と思えば思うほど、そのイメージは強くなります。

『あんな恥ずかしい思いはしたくない』

そう思えば思うほど、そのシーンは心に刻み込まれます。

 

そうすると左に向かって構えようが何をしようが、ボールは右に飛んでいくのです。

 

タモリさんがこうおっしゃっていました。

「ゴルフは面白いんだよねえ。見たほうへ飛んでいくんだよ。池があるなあと思うでしょ。そすると池に入る。林があるなあと思うと林に飛んでいく。ゴルフは実に面白いんだよ」

 

その通りなのです。

そしてこれは人生も同じ。見たところへ向かって進んでいく。

人間とはそういうものなのです。

 

どこを見るのか。

 

それはその人のパーソナルコードに書き込まれています。

だからパーソナルコードを学ぶとコードを書き換えることができ、自分らしく生きられるようになるのです。

 

【セミナー内容(一部)】

1 自分とはどんな人物か

2 自分は16人いる

3 自己対話する動物

4 自分を表現したい欲求

5 論理だけが共有できる

6 感情で人は動く

7 計画通りに動く人

8 臨機応変に対応する

9 リスクをどのようにマネジメントするか

10 魅力の威力

 

研修料金

2時間 30万円~ *時間と人数によってご相談に応じさせていただきます。

メールフォームからお問い合わせくださいませ。

 

魂が震える講座                 モチベーションアップ・セミナー

魂が震える講座     モチベーションアップ・セミナー    パーソナルコード・セミナー

item20 item19 item18 item17 item15 item4a item16 item14 item13 item12 item11 item10 item9 item8 item7 item6 item5a item4b